原因を明確 | 弁護士を利用して慰謝料をもらう~プロにお任せ即解決~

原因を明確

離婚の際は、離婚の原因となったことに対して離婚を請求する人が精神的な苦痛を受けた必要があります。 基本的に、こうした慰謝料請求は過去にあった判例を参考にして請求することになるのです。 過去に同じようなケースがあったときには、そのケースを参考にしてどのくらいの過失が存在するのかを判断します。 実際に過去の事例と照らし合わせて慰謝料の請求を認められるときには、その事例に合わせて賠償額も計算するのです。 そのため、まずは離婚の原因を特定することが大事です。原因を特定するときには、探偵などを利用することで明白にすることができます。

離婚の慰謝料に関しては、過去の事例があったからと言ってもそれに納得できない人が多いことも事実です。 例えば、同じケースで300万円程度の慰謝料の請求があった場合にはこれに合わせる形となるためより多くの金額を請求した人は裁判をすることになるのです。 裁判をしたとしてもそれ以上の金額を請求できるとは限りませんが、それぞれのケースに応じて柔軟に賠償を請求できるようになります。 精神的な苦痛というのは客観的な基準によって決められるものではありません。 仮に、苦痛の度合いが過去の事例と照らし合わせても比較が不可能であった場合には裁判をする価値は大いにあります。 実際、過去の判例を打ち破って多額の賠償を請求できた人もいるため裁判をすることも一つの手段だと言えるのです。